17.08.07 19:30 青山裕企、結 ネイキッドロフト

・写真家・青山裕企のガールズフォト・ナイト!〜2017年夏。エロそうでエロくない少しエロい写真の撮り方〜

・青山裕企さんのトークイベントに、イトキチ君こと、結ちゃんがゲストで出ると
  言うことで、久々に、生イトキチ君に会いに、ネイキッドロフトへ。

・えーと、正直、青山裕企さんの事は全く知らずに、ゲストの結ちゃん目的で来た
  んだけど、むむむ、スゲーお客さん入ってる!何、この人有名なの?と
  箱入りして、薄々。
・がー、パイスラッシュの人か!そして、なんかエロい顔切った写真が特徴的で、
  最近「猫×ふともも」が有名な人か!むっちゃお世話になっておる!
・そんなわけで、意識せずに、とても著名なカメラマンさんのトークイベントに。

・1部、青木さんの写真講座。トークイベントは年、2、3回やられているそうで、
  今回は、トークに特化した内容にしたけど、他の時は、撮影の実践もある
  イベントも開催されているそうで。
・なるほど、司会無しで、全部一人で仕切ってプレゼンするのか。プレゼンと
  思えば基本だけど、トークイベントと思うと、司会無しは滅多にないので、おぉ!と。
・と言うわけで、トークイベントと言うより、写真レクチャーで、プロカメラマン
  なので、話がとても分かり安くて納得。
・話は、機材のテクニックとかの話はほとんど無く(出たの、レンズの画角ぐらいかな)、
  ほとんど、作風とモデルさんで、如何にエロくないのにエロく撮るかの話。
・話を聞いて、青山さん、スゲーなと思ったのは、基本、レタッチもトリミングも
  していないとの事。本当に、カメラが見たままの世界だけで勝負。
・さらに驚きは、気になったので質問タイムで聞いたんだけど、作品撮影の
  ヒット率が3割と言うこと。プロは基本的に打率高いんだけど、青山さんみたいに、
  ポーズを付けて撮るのではなく、モデルさんの自然の動きの中で撮っているのに、
  この打率は驚異的。元々、フィルムカメラから入っているので、ムダ弾は打たない
  と言っていたけど、それだけじゃ出来ない、高打率。
・あと、レンズは単焦点しか使いませんと。それでいて、一回の撮影は、3時間
  と決めているそうで、やっぱり、プロの人は違う!
・非常に有益な、トークイベント。

・2部、結ちゃんと一緒にトーク
・青木さんとイトキチ君、10年来の付き合いだそうで、出会いは、イトキチ君が
  イベントで青木さんを知って、この人に撮ってもらいたいとアプローチ。
・イトキチ君の女性目線で見た、青木さんの作品。レタッチしないで作品にするの
  萌えると言う意見、さすが女性目線。でも、男子高校生の写真のコメントは
  完全に腐女子脳だと思うw
・いやぁ、イトキチ君、やっぱりさすがだわ。前半とは違う、青山さんの話を
  引き出しまくり。

・てかですね、今回、テラス席最前で見てたんだけど、ネイキッドロフトってステージの
  高さが無いから、客席とほぼ同じ目線で、その環境で、間近に、タコライスを
  食べている、イトキチ君を客観的に見るのは、相当エロい!と言う気づき。
・これも、青山さんのエロそうでエロくないに通じるものがある。
・生駒ちゃんの公式お姉さん、なれるといいね!

・当日、台風接近と言うことで、ちょうど箱入りする時に大雨だったんだけど、
  終わったら、全然、台風の影響もなく、とてもいいイベントでした。