17.07.23 13:00 劇団 貴社の記者は汽車で帰社 せんがわ劇場

・劇団 貴社の記者は汽車で帰社「後三年記(ごさんねんき)」

・いやぁ、今まで見た、キシャx4の公演の中で、一番難しかったかも。
  (そもそも、後三年記って初めて知ったし)義家合戦を描いた、戦記。
・前半は、時代や人間関係を理解するのでいっぱいいっぱいだったんだけど、
  後半、キシャx4得意の味付けで、ストーリーが展開されてから、
  引き込まれまくり。
・会場に到着したのが遅かったので、パンフの解説を読まずに舞台に臨んだんだけど、
  キシャx4は、なるべく、開演前にパンフの解説に目を通した方がいいです。
・というわけで、パンフの解説と合わせて、完成する芝居。

・今回、千野さんが、ストーリーテラー的位置づけで、後三年記の後の藤原清衡役で
  登場。新しい試み。
・安良(やすら)役の、客演の一木千洋さんが、むっちゃいい芝居をしてると思ったら、
  うむ、現役の声優さんなのか。納得。