17.07.07 14:00 劇団えにし 「劇」小劇場

・グワイの西村作「クラゲ図鑑」

・平日の昼公演なので、空いているかと思いきや、満席で、どうやら、平日昼は、
  関係者とかが来るらしく、そういう需要があるらしい。

・小劇場なのに、妙にお金掛かってる装置。客入れの時、制作さんが、妙に、
  舞台に上がらないように気を遣ってるなと思ったら、なるほど、回り舞台なのか!
  そして、シーンになるまで存在に気付かなかったけど、下手の水槽。

・とても切ない話。なんでも、この話、実話だそうで。韓国人の女性が、香港で結婚して、
  別れて、日本にやってきて、再婚相手の日本人男性を、愛情のもつれから、
  殺してしまって、自分も命を絶つ、と言う話なんだけど、これが、ちょうどこの週に
  話題になった、船越英一郎と松居一代の問題と重なるものがあって、頭がおかしくなる
  まで好きになると、こういう結果になってしまうのかなぁ?と。
・こういう結末にならないためには、どうしていればよかったのかなぁ?と言う
  モヤモヤ感。

・回り舞台、とても効果的。回り舞台の元々の使い方の裏で転換出来ると言う使い方
  だけじゃなく、仕切りのカーテンを開けて、全体が見られるとか、面白い。
・そして、水槽のクラゲ。クラゲは作り物なんだと思うけど、とてもよくできてた。

・神崎さん。主人公のお姉さん役。韓国在住なので、あまり出番は無いんだけど、
  ラストのお葬式でシーンでとても重要な役割。

・バッドエンドストーリーなので、何を伝えたい芝居だったのか、色々考えさせるん
  だけど、何気に飯テロ芝居で、リアル飯は胃袋を捉えます。