17.05.07 11:00 KENプロデュース シアターシャイン

・「白と黒とその泡と」
・小代さん、泡チームで出演。てなわけで、久々に、小代さんのお芝居を観に。

・とある家族の父親の葬式に集まった4人兄弟のストーリー。
・いやぁ、むっちゃ良くできていた。表面上は、葬式をテーマにした、ファミリードラマ
  なんだけど、父親の残した6本の遺言テープにより、とてもいいお話に。
・特に、ラストのテープは涙もので、客席ウルウル。

・で、この芝居、坊さんが金髪パンクスタイルだったりするんだけど、そんな、
  おちゃらけ具合とは裏腹に、こものすべてのリアリティが素晴らしく。
・お焼香や線香はリアルに炭とお香焚いてるし、線香は舞台映えを狙ったそのまま差し
  じゃなく、イマドキの、二本に折ってから差すスタイル。あと、通夜の食事も、
  本物の料理が出てきて、全部が本物。
・そしてビックリだったのが、棺桶ギミック。役者さん、開場前からずっと、棺桶の
  中に入っていたのか!そして、あんなに綺麗に転がり出てくるとは!

・小代さん、58歳のお葬式を手伝ってくれる隣のおばちゃん役。
  いやぁ、いい味出してました。こういう役も違和感無く出来るようになったんだなぁ、
  としみじみ。