17.03.18 19:30 marble≠marble 十三 246 Live Studio

・marquee≠night 6 〜2ndワンマンライブ〜

・初箱、十三 246 Live Studio。なんか、スタジオっぽいなぁ、と思ったら、
  まんま、リハスタだった。そこに1室、ステージと客席があるルームがあって、
  そこが会場。
・リハスタだから、最初のスタジオ受付はチケット見せてスルーして通ると言う。
  で、ドリンクチャージも無し。だけど、スタジオの売店でドリンク買うの可。
・一応、客席あるんだけど、どちらかというと、Ust配信や撮影目的のルームっぽい。

・そんなわけで、直前までネギ焼き食ってて、スタート時間直前に箱入り。

・おぉ、久々のマーブル、フジタさんの生演奏感がさらにアップしている。
・スタート1曲目にいきなり新曲の緊張感。新曲2曲、全然違うテイストの曲。
  ノリノリの曲とカワイイアイドル的な曲。振り付けもしっかり付いてる。
・その新曲を意識して、ワンマンの2部構成。ノリノリの1部とカワイイ2部。
・YMOのカバーいいね。

・てなわけで、マーブルのワンマン、初めて見たんだけど、改めて、バンドのワンマン
  って難しいなぁ、と。
・何が難しいって、バンドはアイドルと違って、ステージ演出で出来る事の制限がある。
・ワンマンをやる意味って色々あると思うんだけど、その一つに、普段のブッキング
  ライブでは出来ない事、やりたいことが出来るって言うのがあると思うんだけど、
  アイドルと違って、バンドは、逆にワンマンだからこそ出来るって事が少ない
  (寧ろ、バンドは、対バンライブの方が、色々チャレンジ出来る)。
・そして何より、バンドライブの演出と構成の難しさ。
・おそらく、バンドワンマンの唯一の正解って、技術しかない気がするんだけど、
  それプラスの演出をどうするか?

・と言う、自分なりの考えをもって評価すると、今のマーブルのワンマンは、
  ワンマンライブと言うより、ファンの集いだなぁ、と。
・ワンマンをやる目的にも色々あるから、そういうのもいいと思うんだけど、
  自分は、圧倒的なパフォーマンスの有無を言わせない、完成されたステージが見たい。
  あと、ワンマンでしか見られない特別な何か。
・ま、色々言ってるけど、バンドのワンマンはスゲー難しい事もよく分かっているので、
  高望みはしないけど、発表された3rdワンマンでは、期待以上のものが見られるのを
  楽しみにしています(箱もvisonだしね)。