17.03.03 19:00 虚飾集団 廻天百眼 ザムザ阿佐ヶ谷

・廻天百眼本公演「悦楽乱歩遊戯」
・本山由乃さんが客演すると言うので、久しぶりに廻天百眼の公演へ。

・見に行く前から何やら装置がヤバイ事になっていると前評判の廻天百眼。
  初見で前の方は危険すぎるので、無難に、花道通路席へ。
・で、見ると、最前のお客さん、明らかに血ノリ浴びる気満々で、敢えて、白い服の
  人多数(確かに、これ、白い服で舞台見たら、いい感じに染まると思う)

・開演前の客入れ物販。舞台の世界とは真逆でとても賑やかで楽しい。公演パンフは
  500円でフルカラーなのでお得です。

・江戸川乱歩作品の詰め合わせだったんだけど、ストーリーとかもはやどうでもよくて、
  とにかく、シーン、シーンが美しい。世界観、ハンパない。
  メインの芝居が行われている所以外の端芝居とか見所沢山。
・なんと、生ドラムあり。公演写真でドラムが居る写真見て、てっきり、イメージ
  写真的なのだと思っていたら、ガチ生ドラムだった。しかも、何回も登場。
  あと、グラインダーの火花も、写真で見ていたのより、全然、凄かった。
・そして何より、噂の大洪水。はぁ?マジかよと目を疑う血ノリの量。完全に想像を
  超えていた。でも、意外と、2列目以降はあれだけの水量にもかかわらず、
  適度な血ノリで、そのギャップのスゴさ(1列目はずぶ濡れです)。
・てか、あんだけ、水流してて(終演後、最前客席足下は池になっていた)、
  詩劇ありの土日公演は大丈夫だったのだろうか?

・そんなわけで、狂気は、これくらい突き抜けないと、美しくないと実感。

・本山さん、スゲー活躍してた。パノラマ島綺譚の千代子役。でも、自分が見に行く、
  本山さんは、何故か、劇中でいつも死ぬ。
・自分が見た回は、役者が捌ける前に明転してしまったシーンがあったんだけど、
  そのシーンで、本山さんの千代子と丸山さんの廣介が、手を繋いで袖に捌けるのを
  見つけて、芝居的にはミスだけど、逆に、それを見つけて、きゅんきゅん。
  むっちゃ役に入ってる。

・あと、床が開いて壁になる装置。あれ、最前の客が穴が空いていると言って
  覗いているの素晴らしい。
・そう言えば、終演後挨拶で「ご参加頂き、ありがとうございました」って言ってて、
  うむ、確かに、これは、客の参加、超重要だよなぁ、と。